睡眠呼吸障害と歯科的治療 3

特に扁桃肥台大や強い鼻閉を認める患者ならびに小児は、耳鼻咽喉科に精査、治療を依頼する。

1)経鼻的持続陽圧呼吸(CPAP)療法は、睡眠時の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させ、睡眠中の無呼吸を防止する治療法であす。PGS検査でAHIが20回/hを示し、日中の傾眠や起床時の頭痛などの自覚症状が強く、日常的に支障を来しており、睡眠ポリオグラフィー上で睡眠の分断化や深睡眠が著しく減少または欠如している症例を指します。

2)口腔内装置(OA)治療は、その作用原理から下顎前方位型装置、舌維持型装置、軟口蓋挙上型装置の3種類に分類されるが、下顎骨自体を前方位に維持させる下顎前方位型装置が最も一般的に用いられている。

さらに、下顎前方位型装置も一体型と上下分離型に分類することができ、それぞれに特徴があります。一体型は上下顎部が一体となった構造で、シンプルではあるが、顎位を動かすことはできない。一方、上下分離型は上下顎の装置が分離しており、Herbst装置や顎間ゴムなどを応用して連結され、下顎後退運動は制限するものの開口や前方ならびに側方運動がある程度可能である。

下顎前方位型OAは、下顎を前方位に固定することで機械的に舌根部の気道を拡大する効果とオトガイ舌筋の呼吸性筋活動を増大させ、気道内院圧による舌の引き込みを防止するという機能的効果が考えられており、舌根部が狭窄しやすい顔面の前後径が短い症例や小下顎症、舌の大きい症例、舌の緊張度が低下した症例ならびに軟口蓋長が長い症例が適応とされている。

また、OAの固定源である歯が多数欠損した症例や重度の歯周炎に罹患した症例、顎関節に障害がある症例は適応外となります。これらの装置装着後は、PSG検査を実施して治療効果の判定も必要と思います。OAの長期使用に伴い、患者さんから臼歯で噛みづらくなったという訴えや、診察時に咬合関係の明らかな変化を認める症例を経験することがあります。

OA治療患者さんにたいしては、原則として3カ月~6カ月に1度の経過観察と1年に1度パルスオキシメーターを用いた在宅簡易検査のよる評価が必要と考えます。



クリニック案内ページへ

歯科治療ガイド HOME に戻る

PAGETOP