睡眠呼吸障害と歯科的関連

OSAに関する疫学研究はこれまでにもいくつかの報告があり、本邦における有病率は成人男性で約3~16%、女性で約2~5%とされています。終夜睡眠ポリソノグラフィー(Polysomnography:PSG)検査が行われている新潟県内11施設のOSA患者3.659人を対象とした調査では、気道の閉鎖による10秒以上の無呼吸や低呼吸の1時間当たりの回数である無呼吸低呼吸指数(Apnea Hypopnea Index:AHI)の値を基に重度を分類したところ、軽症(5≦AHI<15)が1.034人(28%)、中等症(5≦AHI<30)が934人(25%)、重症(30≦AHI)が1.701人‘47%)でありました。

男性が女性の4.6倍と多く、男性は50歳代をピークとして30歳代から60歳代に集中し、女性では50歳代以降に急激に増加していました。男性では、加齢に伴う体重の増加とともに、喉や首まわりの筋力が衰えることもリスクを高める一因とされています。

女性はホルモンの一つであるピロゲステロンに上気道大筋の筋活動を高める作用があり、OSAを発症しにくいとされていますが、閉経後にピロゲステロンの分必が低下することから、50歳代以降にOSA患者が増加すると考えられています。

また、肥満度を表すBody Mass Index(BMI)が25以上の肥満傾向を示す患者さんは2.095人(57%)で、肥満の重度とともにAHIの重症度も上昇する傾向にあり、BMIがAHI増加の主要な因子でありました。一方、314人(9%)はBMIの低い痩せた患者さん(BMI<18.5)であり、OSA発症には他の因子の関与が考えられます。

広く一般的に「太った人ほど、いびきをよくかく」などと言われることがありますが、とくに男性に関しては医学的にも裏付けがあるという事になります。総合的な健康管理面からだけでなく「いびき予防」の面からも肥満予防あるいはダイエットは大切の要因と言えるのではないでしょうか。



クリニック案内ページへ

歯科治療ガイド HOME に戻る

PAGETOP