根の治療(根管治療)について:歯そのもの自体を残すために

虫歯が深く進行してしまっている場合や歯が外力等によって破折した場合などに、歯そのもの自体を残すために、歯の内部にある「神経」だけを取り除く処置を「抜髄」といいます。口の中は細菌の宝庫なので、無菌的に治療を行うことは、その後の歯の寿命を左右することになるので非常に重要なポイントと言えると思います。この「抜髄」と云う処置を行った後に必要な治療を根の治療=根管治療といい、細い針のような器具を主として用いて行われる。

また、この針と一緒に、根内部に侵入してしまっている感染物質を溶解剤と併用して、根管内部をきれいにしていきます。この「針」には大別すると「①らせん状の刃」「②ギザギザした円柱形のやすり」「①と②の中間(混合)型」の三種に分かれますが、近年になって新しい材質の物が現れてきました。

根の治療(根管治療)は、その歯の形状や崩出方向などのよって、その困難度合に差が生じ、単純に何回で終了できると云う治療ではありません。同じ奥歯でも根が4本の歯もあり、根が湾曲していたり管の径が著しく細い根もあり、時間と手間暇が必要になる治療といえます。また、患者さんの協力も重要なファクターとなり、口を開けている時間が長くなる傾向がある治療なので、顎も大変疲れる治療と思われますが、ここでで1回治療回数を減らす=治療を急ぐことによって、将来の予後に大きな差が生じるのも、この治療の怖いところでもあると思います。

基本的に1~2回の根管治療で痛かった歯の痛みがなくなり、物を噛むと痛かった状態が普通に噛めるようになったからといって即「治った」と云う訳でなく。むしろここが根管治療のスタートと言っても過言ではないと思います。また根管治療にはレントゲン写真が必ず必要になるので、その都度、撮影したレントゲン写真の説明には、耳をかたむけましょう。

一般的に根管治療は「再根管治療は可能」でも「再々根管治療は不可能」なことが多く見られる。インターバルがやや開いてしまっても、根気よく通い遂げる気持ちを持って通院することが大切に思います。



クリニック案内ページへ

歯科治療ガイド HOME に戻る

恵比寿 歯科・武内デンタルクリニック HPへ

PAGETOP